40代から始めるマイホーム

40代でマイホームを購入するってどうなの?新築一戸建ての価格から、諸費用、住宅ローン、間取り、失敗談、役立つお金の情報まで

建築会社、初訪問

      2016/07/16

金づち

確か、2015年12月5日だったと思います。
気になってる分譲地について問い合わせるため、建築会社を訪問しました。地元では名の知れた建設屋さんです。その建設会社さんが建てた家はあちこちにあるので、実績や信頼はあるかと思います。

スポンサーリンク

建設会社を訪問するまで感じていた不安

建設会社を訪問するまで、新築一戸建ての価格って高いんじゃないかと思っていました。うちなんて、門前払いじゃないかしら?

ドキドキしながら訪問すると、応接室へ通され、社長さん、営業部長さんとお話しました。
余談ですが、社長さんは父親(現会長さん)から引き継いでまもない2代目で驚くほど若かったです。部長さんはベテランで経験豊富そうな印象を受けました。

営業部長のMさんが言うには、「うちの顧客は若い方が多いので価格も抑えてるんですよ。」とのこと。
ちょっと安心。とりあえず、お話はできそうです^^

 

新しく分譲する造成地について

主に話した内容は、新しく分譲する造成地についてです。

  •  区画は16区画
  • 16区画のうち4区画は地盤が弱く地盤改良して建売住宅を建てて販売をする
  • 建売物件は、内容のわりに価格を安く設定してある
  • イベント形式の見学会を開いて申込者をつのり、抽選で購入者を決める

注文住宅よりは、土地も建坪も広くてとてもお買い得な物件。ただし、抽選のため、はずれる可能性もあります。
他の区画で話をすすめつつ抽選も申し込むという同時進行でもよいということだったので、注文住宅のお話を進めることになりました。

Mさんがざっくりとした概算と資金計画を立ててくださることになり、次の打ち合わせでその資料を見ながらお話することになりました。

 

よろしければ応援お願いします☆
ステキなブログがたくさんありますので、ぜひご参考に☆
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

 - 一戸建て-工事契約まで